ストッキングやタイツの着用方法を気をつけないと足を歪ませることがあります。

ストッキングやタイツの着用方法を気をつけないと足を歪ませることがあります。

こんにちは。寒くなってきましたね。
これからタイツが活躍する季節です。
会社員の方の多くは毎日ストッキングやタイツを着用する機会が多いと思うのですが、着用方法に気を遣わないと歪みの原因になるってご存じですか??
gahag-000909

ストッキングやタイツは体でいうと、まるで筋膜みたいだと感じます。筋膜というのは、骨や筋肉、内臓、全身を一枚で覆ってくれている薄い膜の事をいいます。

私たちの体がバラバラにならないのはこの筋膜のお陰なんですね。

どこか1カ所でも筋膜がねじれると、まるでストッキングが伝線したかのように全身の筋膜がねじれてしまいます。

筋膜のねじれがどうしていけないかというと、骨や筋肉を引っ張ることで歪ませてしまうからです。

足が太くなったり

足首や、膝のうえに贅肉がついてしまったり

O脚、X脚、足のラインの変形

冷え

ストッキングやタイツを無造作にねじれたまま着用してしまうと、筋膜にダメージをあたえてしまいます。
明日からストッキングやタイツの着用方法にひと工夫してみましょう。

これをするだけで足の疲れの軽減、美脚効果に繋がります。

美脚になるためのストッキングやタイツの着用方法

*ポイントはねじれた状態で着用しないことです。

●いすに座ります
足首まですっぽり着用したら、足先を大きく回して足首を動かしてあげます。
そのまま膝の上まできたら足を曲げたり伸ばしたりして膝まわりの関節に動きをつけてあげます。

●膝うえまできたら立ち上がります
骨盤まですっぽり包み込んであげたら最後に腰を大きく回して、両膝を交互に大きくあげましょう。

こうするとストッキングがねじれることなく着用できるので足が歪みにくくなったり、締め付けによる不快感も解消できます♪
とっても簡単なので普段から意識して取り入れてみてくださいね。

カテゴリー→ 美容
書いた日→ 2015-11-04 (水) 13:11

Post a Comment




»
«