縮毛矯正は奥が深い。失敗すると髪をものすごく傷めます。

縮毛矯正は奥が深い。失敗すると髪をものすごく傷めます。

(Photo by CRIATVDAD )

私はクセ毛にプラスして髪一本一本の太さがバラバラです。縮毛矯正をかけないと雨の日のまとまらないボリューム満点なヘアスタイルになってしまいます!そうすると、髪も傷んで見えるし疲れた印象になるので10年ほど前から半年に一度のペースで矯正をかけています。

おかげ様で今では、生まれつき髪がキレイなまっすぐな人だと思われるほどナチュラルです。

先日、興味本意で芸能人ご用達の予約が取れないサロンに行きカットと縮毛矯正をかけました。

すると….

明らかに髪の毛の調子が良くないんです。まず、触った感触がゴワゴワ。くしをとかすと髪が切れ、その毛は枝毛になっています。涙

やってしまったという感じです。

その後行きつけの美容院(BILLY)に行くと

“縮毛矯正かけたでしょ。髪が溶けてる”といわれました。

さすがプロです!!見ただけでわかるんですね!縮毛矯正で使用する液はたくさんあり、美容院によって使う液も、使い方も様々だそうです。そして美容師さんいわく縮毛はキレイにも仕上がるけれど、やり方を間違えると取り返しがつかないくらい痛みます。

そして、傷む(溶ける)原因はいくつかあるそうです。

1.使用する液が強すぎる。
2.一度矯正をかけたところに再び矯正の液をつけた場合。

2についてもう少し詳しく説明すると、矯正は一度ストレートににしたところには再び矯正の液をつけてはいけないそうです。よくあるケースでは、矯正時は必要な部分のみに液をつけ行ったが、髪を洗い流すときについてしまい結果、私のように髪が溶けてしまうパターンは非常に多いそうです。

私のお世話になっている美容院(BILLY)では矯正時には一度矯正を終了した部分に液がつかないようにトリートメントをつけて保護膜を作ってくれたり、洗い流すときもきちんと気を遣ってくださるので何度矯正を重ねても、毎回本当に艶やかな髪に仕上がります。

有名な美容院だから縮毛矯正をまかせて大丈夫と思ったけど、失敗してはじめて、今までどんなに良い矯正を受けていたかを実感しました。

カテゴリー→ 美容
書いた日→ 2012-03-28 (水) 16:28

Post a Comment




»
«